空手をあきらめた理由


昨日は、何人かの方にメールでお問い合わせをいただき、ひととき空手をやってやめた方が、以外に多いというお話しと、やめた理由もお聞きすることができました。空手をやるにも、悩みはつきものだなあと思いました。
う〜ん、、
聖武館 の型 で空手を 稽古しましょう^_^

以下に、お聞きした理由を整理しました。

理由その① 
空手で体力維持/増強というより、空手を1回稽古するつど、けが、体力回復に時間がかかり、回数行けず、結果、体力維持/増強ではなく停滞になり、やめた。
理由その②
子どもたちと同じ稽古で、子ども向けのメニューに偏りやすく、大人としては、物足らない、あるいは、逆でキツすぎる。
理由その③
ある程度まで稽古をすると、新しく身体が変化することもなく、筋トレやランニングの方が成長している実感、達成感がある
理由その④
毎回、教えられることがかわり、身体を使って、きついけれど、なにが身についているのかわからない。
理由その⑤
稽古よりも、飲み会や人づきあいに疲れた

国際沖縄少林流 聖武館 空手道協会 足立支部江戸川 International Okinawa Syorin-ryu Seibukan Tokyo-Edogaw

沖縄の武術・手(ティ)首里手の流れを、頑なに変えることなく継承してきた少林流 聖武館の『型』を東京足立区、江戸川区で稽古でき、本場、沖縄総本部での稽古の機会も提供します。

0コメント

  • 1000 / 1000