東京・江戸川区から、沖縄へのつながりをご提供します。

聖武館の『型』を東京・江戸川区で稽古することができます。

沖縄では、70年修行した人が60年の人に、60年が50年に、50年が40年に、40年が30年に〜稽古をつけるくらい層が厚いのです。沖縄空手のほんもの型は修行を重ねるほどに深まっていき、老いることで失うものではありません。

日本国内(沖縄以外)で、情熱を持ち沖縄空手と冠して教えておられ方々も、沖縄で数年稽古するのが精一杯です。

ほんものは、沖縄に行かないとないのです。


聖武館 江戸川支部は、東京・江戸川区で稽古する環境を提供すると同時に、沖縄のほんものとつながり続けるお手伝いをいたします。


『〜稽古に来る人には、見返りを求めないで、しっかり伝え教えてください!そして、沖縄で稽古する機会を与えてください〜』(聖武館 支部長への島袋善保会長の言葉より)

国際沖縄少林流聖武館空手道協会の紹介

会長 島袋善保

  沖縄県3支部/沖縄県外8支部 

  海外14ケ国(支部200以上)

所在地:沖縄県・北谷

島袋善保会長の紹介

国際沖縄少林流聖武館空手道協会 会長

沖縄県空手道連合会 会長 

沖縄伝統空手道振興会 副会長

電機メーカー Philips社(オランダ)のプロモーションビデオに出演されたの映像です。

後藤逹一郎支部長の紹介

 足立支部−支部長

 

九州宮崎県出身・高校時代から空手の修行に励む。聖武館の空手と出会い、東京から毎月、沖縄本部道場に通い、島袋善保会長から直接の指導を受け現在に至る。足立区大谷田に足立支部を開設、少年部・一般部の指導を行っている。

お問い合わせ: 担当 小西

       電話番号: 05052171592

       メールアドレス:   seibukanedogawa@gmail.com