モップかけ!

大学生のS君、夕方からのどしゃぶりの中、自転車でやってきて、帯忘れ、道場の白帯かりて稽古です。
稽古の最初の型の一部を取り出した基本の動きを繰り返す稽古をPT1といいます。
このPT1が終わる頃には、床に汗がしたたり落ちてます。
この汗をモップでふくのが、大先輩の石毛三段です。が、今、ひざの治療でお休み中。
かわりに、大学生のS君、率先してモップがけです。

国際沖縄少林流 聖武館 空手道協会 足立支部江戸川 International Okinawa Syorin-ryu Seibukan Tokyo-Edogaw

沖縄の武術・手(ティ)首里手の流れを、頑なに変えることなく継承してきた少林流 聖武館の『型』を東京足立区、江戸川区で稽古でき、本場、沖縄総本部での稽古の機会も提供します。

0コメント

  • 1000 / 1000